診療圏調査のご注意

診療圏調査の上で人口が多い土地であっても、そのエリアの内容によっては注意が必要です。
「診療圏の分断」には十分ご注意ください。

こんな場所は要注意

大きな道路や高速道路(危険度:小)

大きな道路や高速道路は、生活圏を分ける境界になる場合があります。
調査した圏内にそういったものがある場合、その向こうからの患者さんはそれほど見込めないかも知れません。
ご注意ください。

高速道路

川(危険度:中)

診療圏内に川があると、その向こうの患者さんの来院は難しいかも知れません。
ただし、川幅や橋の数、その地域の交通手段にもよりますから、ちょっと気にしてみてください。

川

駅や線路(危険度:大)

診療圏内に駅があると、その向こうからの患者さんは見込めないかもしれません。
駅を超えて移動するのが大変なだけでなく、おそらく駅の向こう側にも魅力的なクリニックがあるでしょう。また、生活圏が分断されてまうので、クリニックの存在に気づいてもらいにくいでしょう。
診療圏の人口は、駅の手前側だけで考えた方が良いかも知れません。

駅

まとめ

同じような施設であっても、まわりの環境によって与える影響が変わります。また、開業しようとする診療科目やクリニックのチャームポイントによっても、受ける影響は変わるでしょう。(例えば、レアな診療科目なら、近所の影響を受けにくい。など)

まずは診療圏調査のエリア内にどんなモノがあるか、注意してご覧になってはいかがでしょう。そうすればより有効に、診療圏調査を使うことが出来るはずです。

掲載システム300件以上、電子カルテの口コミ
病院マップのイノチズ
クリニック用、電子カルテなら中央ビジコムへ ・全国シェア1位のPHC製 ・納品実績15,000件 ・医療業界40年
電子カルテ「AI・CLINIC」